毛穴対策は洗顔から【さらっとツルルン肌になる】

レディー

洗顔せっけん

顔を洗う

洗顔せっけん

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石鹸があります。洗顔フォームは泡立ちが良くて、洗浄力も高いため使い勝手が良いですが、皮脂を余分に落としたりして、肌を傷めてしまうことがあります。また乾燥肌の原因にもなります。洗顔フォームには、合成界面活性剤が含まれているため、洗浄力が高いのですが、それが実は肌を傷める原因になるのです。(洗顔石鹸では合成界面活性剤が含まれているものはあります。)洗顔石鹸でも、合成界面活性剤が含まれていないものは、泡立ちはあまり良くありません。洗浄力はマイルドですが、天然の保湿成分が含まれているため、肌に優しいのです。洗顔石鹸にも種類がありますが、中には肌に優しくないものもあるため、一応注意が必要です。

アルカリ性の石鹸

洗顔石鹸はアルカリ性のものを選ぶのがおススメです。弱酸性のものが肌に優しいと思われていますが、実際、弱酸性のものは肌に刺激が足りなさ過ぎるのです。肌はある程度の刺激がある方が、本来の力を取り戻せるのです。アルカリ性の石鹸で洗うことで、肌がアルカリ性から本来の弱酸性に戻ろうとします。その動きが肌の修復を促すのです。また、洗顔石鹸には「純石鹸」と呼ばれるものがあります。純石鹸も弱アルカリ性で、肌のターンオーバーを促します。ただし純石鹸の場合、洗浄力はマイルドですが、保湿成分が含まれていないため、保湿は洗顔後に自分で行う必要があります。また純石鹸のツッパリ感が苦手な場合は、保湿成分を含んだ化学添加物無添加せっけんを使うと良いでしょう。